Media Entertainment

東京駅プロジェクションマッピング

TOKYO STATION VISION

2012年東京駅の復原工事の完了を記念して行われた「TOKYO STATION VISION」100年に一度と言われるこの大舞台に際し、ゼロからの映像の投影設計を依頼されて臨みました。
シミュレーションの結果、投影に最適な幅約120Mの赤レンガの東京駅の壁面に必要なプロジェクターの台数は、当時の最高輝度20000ルーメン46台でした。日本国内ではまだそれだ けの台数を集めることができず、一部はアメリカからレンタルをすることで実現にこぎつけました。
ご存知の通り、エポックメイキングとなった「東京駅」のプロジェクションマッピングの裏側では我々のソリューションが活躍しました。


企画制作:
株式会社ジェイアール東日本企画 / 株式会社NHKエンタープライズ
総合演出:
森内大輔(NHKエンタープライズ)
制  作:
諸石治之(NHKエンタープライズ)
映像作家:
西郡勲(SMALT)/ 長添雅嗣(N・E・W)/TAKCOM(P.I.C.S.)/志賀匠(caviar)/ 針生悠伺(P.I.C.S.)
音楽監督:
岩崎太整(カットアップ)

1 / 7
東京駅プロジェクションマッピング
2 / 7
東京駅プロジェクションマッピング
3 / 7
東京駅プロジェクションマッピング
4 / 7
東京駅プロジェクションマッピング
5 / 7
東京駅プロジェクションマッピング
6 / 7
東京駅プロジェクションマッピング
7 / 7
東京駅プロジェクションマッピング